山本一力
著者のコラム一覧
山本一力作家

1948年、高知県生まれ。東京都立世田谷工業高校電子科卒業後、広告制作会社勤務等を経て97年「蒼龍」でオール読物新人賞を受賞。2002年「あかね空」で直木賞を受賞。「損料屋喜八郎始末控え」や「ジョン・マン」などシリーズ作品の他「欅しぐれ」「紅けむり」「千両かんばん」など著書多数。

【お題】「いいね」欲しさに家族を振り回す妻が困る

公開日: 更新日:

 ママ友の言動に振り回される妻が正直、困る。息子の友達の夏休みの旅行内容を耳にすると、負けじとそれよりすごいプランを取り入れようとする。それが家族で楽しめるならいいが、そうでないこともしばしばで……。

 妻の行動原理は、周りへの見えや嫉妬ばかり。SNSで「いいね」を集めたいだけに見える。その典型が受験勉強で、夏期講習に通う息子に「Aちゃんに負けないように」とハッパをかける。妻の見えで志望校が選ばれるのは、どうかと思うが、そんな妻をたしなめるには、どうすればいいか。

 ◇  ◇  ◇

 カミさん連中が集っての井戸端話。当節では「ママ友話」と称するらしい。「女三人よればかしましい」は変わらねど、話す中身は時代を映す。今回の相談のような「こどもの受験をどうする」話は、昔からある。経済が隆盛を見せ始めた元禄時代後期以降は、庶民の母親にも受験は大きな関心事となった。さりとて、いまどきの幼稚園から大学までの、お受験とはまるで違う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る