酷暑の東京五輪で最も危険…50km競歩はマラソンより過酷

公開日: 更新日:

 関東地方も梅雨が明け、本格的な夏がやってきた。30日の東京の最高気温は33.6度。8月になれば「災害レベル」といわれる猛暑日が続くことになる。

 くしくも来年の今日(31日)は、東京五輪陸上男子20キロ競歩(スタート6時)が行われる。男女20キロ競歩は二重橋前からスタートし、皇居外苑の1周1キロコースを折り返す。男子50キロ競歩(同8月8日5時30分)も発着点は20キロと同じ二重橋前。北側・大手門、南側・祝田橋の1周2キロを折り返す。コースは路面温度の上昇を抑える遮熱舗装が施され、ミストシャワーも設置されるそうだが、どこまで効果があるのか疑問だ。炎天下で2キロコースを25周する単調な50キロ競歩は、東京五輪で「最も過酷な競技」といわれている。

 日本の男子競歩は近年、入賞やメダル獲得は当たり前というほどレベルが高くなった。直近5年の国際大会を見ても、20キロでは2016年リオ五輪で松永大介が7位。50キロは15年世界陸上(世陸)で谷井孝行銅、荒井広宙4位、16年リオ五輪で荒井が銅メダル。17年世陸も荒井銀、小林快が銅だった。9月27日開幕の世陸(カタール・ドーハ)も、50キロの日本代表(勝木隼人、野田明宏、鈴木雄介)3人はいずれもメダル候補に挙げられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る