柏木理佳
著者のコラム一覧
柏木理佳生活経済ジャーナリスト

1968年生まれ。生活経済ジャーナリスト。城西国際大学院国際アドミニストレーション研究科准教授。MBA(経営学修士)取得後、育児中に桜美林大学大学院にて社外取締役の監査・監督機能について博士号取得。香港、シンガポール、豪州、中国に滞在し、世界15カ国の人と働いた経験を持つ。著書は「デキる女にはウラがある」(あさ出版)など多数。

猛暑の節約術 エアコンの電気代を安くする“7つのポイント”

公開日: 更新日:

 私の家の場合、夏は電気代が1カ月4000円以上も増えます。子供がいると、いつも洗濯機には汚れた臭い服が山盛り状態……。だから、うちではシャワーの後もバスタオルは禁止。ハンドタオルのみです。髪はタオルキャップをかぶるだけ。

 ベランダに干せないケースも多く、そうなると乾燥機の電気代もかさみ、水道代と合わせると、けっこうな額です。なるべく大きな洗濯物を増やさないことです。

 水分補給のペットボトル入り飲料代も1日2本で年間6万円以上もします。水筒を持ち歩くとカバンが重くなるので、私は飲み終わったペットボトルを捨てずに会社や地下鉄のウオーターサーバーで水を入れて何度も使います。衛生上の不安があるという人は、100円ショップの軽いプラスチックの水筒がオススメです。

 エアコンの電気代は、24時間つけっぱなしが安いといわれますが、誤解です。ある実験で、「24時間つけっぱなし」と「必要なときだけつける」では、24時間つけていた方が電気代が高かったのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る