田中信一郎
著者のコラム一覧
田中信一郎千葉商科大学基盤教育機構准教授

千葉商科大学基盤教育機構准教授。元長野県企画振興部総合政策課企画幹。著書に「信州はエネルギーシフトする―環境先進国・ドイツをめざす長野県」(築地書館)などがある。

定年後の不安な気持ちを後押ししてくれる「実践的な3冊」

公開日: 更新日:

 読書が苦手な方には、大学の公開講座をお勧めします。ご近所にある大学のホームページには、たいてい公開講座のお知らせが掲載されています。歴史や文学などの文化に関する講座だけでなく、地域づくりに関する講座も増えてきました。有料・無料、単発・連続と、形態はさまざまです。最初は無料の単発(1回限りの講座もしくは連続受講を必須としない講座)を受講してみましょう。

 私の勤務する千葉商科大学も、地域づくりに役立つ公開講座を実施しています。場所は、丸の内の国際ビル1階にあるサテライトキャンパス。首都圏在住の方ならば、容易にアクセスできます。今年度のテーマは「SDGs(国連持続可能な開発目標)の推進と大学の役割」です。防災や地域エネルギービジネスをテーマに、大学教員と地域の実務家が一緒に講義をするので、全体像と同時に実際の取り組みも学べます。参加費無料で、どなたでも単発で参加できます。

 さて、これまでの連載をお読みいただき、ありがとうございました。定年後の第二の人生、地域に飛び出すことで、今まで以上の充実が得られます。皆さんの挑戦を楽しみにしています。

 =おわり

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  7. 7

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る