嘱託や顧問契約ではなく“派遣”という働き方を選んだ理由

公開日: 更新日:

 定年後の人材を「熟戦力」という。その働き方には、大きく分けて4つの選択肢がある。《会社に嘱託として残る=有期雇用》《知見を生かして独立する=請負》《シルバー人材センターなどに登録=アルバイト》《別の企業に再就職する=正社員・契約》の4つだ。その中で最後の「再就職」の道を選んだのが、今回登場する元大手電機メーカーの秋本富士夫さん(64)だ。

  ◇  ◇  ◇

 秋本さんが一風変わっているのは、あえて“派遣社員”となったことだ。

「60歳でいったん定年退職し、インド現地法人の日本支店へ移籍し2年間働きました。62歳で2度目の定年を迎えることになったのですが、真っ先に外したのが『会社に嘱託として残る』という選択でした。うれしいことに、そういったお誘いも受けたのですが、同じビル内にいれば部門が違っても元部下と顔を合わすこともあるだろうし、気を使わせることにもなりますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

  10. 10

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

もっと見る