嘱託や顧問契約ではなく“派遣”という働き方を選んだ理由

公開日: 更新日:

 定年後の人材を「熟戦力」という。その働き方には、大きく分けて4つの選択肢がある。《会社に嘱託として残る=有期雇用》《知見を生かして独立する=請負》《シルバー人材センターなどに登録=アルバイト》《別の企業に再就職する=正社員・契約》の4つだ。その中で最後の「再就職」の道を選んだのが、今回登場する元大手電機メーカーの秋本富士夫さん(64)だ。

  ◇  ◇  ◇

 秋本さんが一風変わっているのは、あえて“派遣社員”となったことだ。

「60歳でいったん定年退職し、インド現地法人の日本支店へ移籍し2年間働きました。62歳で2度目の定年を迎えることになったのですが、真っ先に外したのが『会社に嘱託として残る』という選択でした。うれしいことに、そういったお誘いも受けたのですが、同じビル内にいれば部門が違っても元部下と顔を合わすこともあるだろうし、気を使わせることにもなりますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  6. 6

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  10. 10

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る