河合敦さん<5>進学校でやっと日本史だけを担当できて感激

公開日: 更新日:

「前がヤンチャな子が多い学校の生活指導主任で、“静かにしろッ”“ちゃんと並べ~”は、口癖でした。ところが、ここの生徒は、体育館に集合するにしても、おしゃべりひとつせずに静かに入ってきて、一直線に整列する! 注意もしないのにね。授業で教室に入ると全員がキチンと席に座って待っているんですもん。本当にうれしかった~」

 また、「早わかり日本史」(日本実業出版社)を出版するなど、受験用、歴史作家としての著作が徐々に増えていく。「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)など時々、テレビ出演をするようになったのは、白鷗高校に赴任したころだ。学校では、2年目から担任を任された。中高一貫校の第3期生だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る