嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

「比良山荘」 3代目夫妻が確立したシンプルな鮎の塩焼き

公開日: 更新日:

 京都市内から曲がりくねった川沿いの道をタクシーに揺られて1時間弱。ようやく比良山荘にたどり着く。

 池に放たれた鯉の跳びはねる水音を聞きながら、四季折々の地元の食材が楽しめる特別な場所だ。夏の鮎と人気の双璧である冬の熊鍋が定着したのはまだここ10年と聞いて驚いた。

 もともとご主人の伊藤剛治さんのおじいさんが1959年に登山者の宿として開業し、お父さんの代から料理屋にシフトし始めると、眼前にせせらぐ安曇川の鮎を目当てに京阪神からお客さんが通いだした。料理屋として軌道に乗り始めた直後に40歳の若さでお父さんが急逝された時、剛治さんはまだ12歳だった。

 お母さんと料理人の方が家業を引き継ぎ、剛治さんは専門学校を出ていくつかの修業先を経た後に戻ってきた。最初の頃は鮎にいろいろ手を加えてみたりもしたが、お客さんからシンプルな鮎の味を求めてきたと悟され、塩焼きの技術を徹底的に追求した。お父さんの時は3匹で出していたのが、現在は7匹に。鮎ご飯も入れると10匹近くいただける鮎食べコースの人気が定着した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  4. 4

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  5. 5

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  6. 6

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  7. 7

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  8. 8

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

  9. 9

    負けず嫌いが演技の原動力 広瀬すずは生来の「体育会系」

  10. 10

    “黒い交際”閣僚をスルー 大メディアのご都合主義と二枚舌

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る