小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<22>言い訳は逆効果 予告ワードで聞く側の集中力を高める

公開日: 更新日:

 上司への報告や取引先での商談、またはプレゼンの場などで、「ちょっと長くなってしまいますが……」と前置きを入れてしまうことはありませんか。軽い気持ちで断りを入れたつもりかもしれませんが、決してお勧めできません。

 あらゆる職場で働き方改革が求められている時代です。この前置きでは、「だらだらと長く散漫に話をされるのでは?」と聞く側に不安を与えるため、しっかり聞いてもらえない恐れがあります。今の時代、自分が伝えたいことを効率的に伝えるコミュニケーションスキルは、一層必要となっていくのかもしれませんね。

 冒頭のようなシチュエーションでは、「話の切り出し方」が重要です。それ次第で、相手への伝わり方が劇的に変わります。その際のとっておきのひとこと――私はそれを「予告ワード」(=前置きのひとこと)と呼んで大切にしてきました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  7. 7

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  8. 8

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  9. 9

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る