嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

伝統守りつつ変化する「神田まつや」の昭和のたたずまい

公開日: 更新日:

 関東大震災後に建てられた風情ある店の暖簾をくぐると、昭和の時代にタイムスリップしたかのようだ。相席で肩寄せ合って蕎麦味噌、焼き海苔、板わさなどをアテに、ビールや日本酒をチビリチビリとやっている親父さんの横で、箸を上手に使って蕎麦を手繰る外国のお客さんもいて、和気あいあいとした空気が漂っている。

 ご主人の小高孝之さんは6代目。中高生の頃は常連だった作家の池波正太郎さんのお宅に年越し蕎麦を配達に行き、お年玉や本をもらったこともあるそうだ。跡を継ぐものと思って育ったが、お父さんから「大学に行って人の輪も育ててきなさい」と言われて進学し、卒業後、店に入る。

 老舗の変えてはいけない部分と、変えなければならないところの見定めが重要だとおっしゃる。確かに、女将が帳場で昭和初期のレジに現金を納める姿は味があり、これが電子マネーに取って代わると情感がなくなるような気もする。ビールはサッポロの赤星が常備してあり、それしか飲まないお客さんも多いという。日本酒は昔からずっと菊正宗1種類だが、さらに純米酒やワインがラインアップされることを期待する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  4. 4

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  5. 5

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  6. 6

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  7. 7

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  8. 8

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

  9. 9

    負けず嫌いが演技の原動力 広瀬すずは生来の「体育会系」

  10. 10

    “黒い交際”閣僚をスルー 大メディアのご都合主義と二枚舌

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る