嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

伝統守りつつ変化する「神田まつや」の昭和のたたずまい

公開日: 更新日:

 関東大震災後に建てられた風情ある店の暖簾をくぐると、昭和の時代にタイムスリップしたかのようだ。相席で肩寄せ合って蕎麦味噌、焼き海苔、板わさなどをアテに、ビールや日本酒をチビリチビリとやっている親父さんの横で、箸を上手に使って蕎麦を手繰る外国のお客さんもいて、和気あいあいとした空気が漂っている。

 ご主人の小高孝之さんは6代目。中高生の頃は常連だった作家の池波正太郎さんのお宅に年越し蕎麦を配達に行き、お年玉や本をもらったこともあるそうだ。跡を継ぐものと思って育ったが、お父さんから「大学に行って人の輪も育ててきなさい」と言われて進学し、卒業後、店に入る。

 老舗の変えてはいけない部分と、変えなければならないところの見定めが重要だとおっしゃる。確かに、女将が帳場で昭和初期のレジに現金を納める姿は味があり、これが電子マネーに取って代わると情感がなくなるような気もする。ビールはサッポロの赤星が常備してあり、それしか飲まないお客さんも多いという。日本酒は昔からずっと菊正宗1種類だが、さらに純米酒やワインがラインアップされることを期待する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る