田中幾太郎
著者のコラム一覧
田中幾太郎ジャーナリスト

1958年、東京都生まれ。「週刊現代」記者を経てフリー。医療問題企業経営などにつ いて月刊誌や日刊ゲンダイに執筆。著書に「慶應幼稚舎の秘密」(ベスト新書)、 「慶應三田会の人脈と実力」(宝島新書)「三菱財閥 最強の秘密」(同)など。

教諭体制は日本一も…“国公立の雄”筑波大付属小の落とし穴

公開日: 更新日:

 慶応幼稚舎が私立小学校の雄なら、国公立の雄と評されるのは筑波大学附属小学校(通称「筑附小」、東京・文京区)。同校が東京師範学校(東京教育大などを経て現筑波大)の附属小学校として開校したのは1873年(明治6年)。日本で最初に誕生した小学校だ。男女共学の小中高一貫で、卒業後は筑附中、そして筑附高に進学する。

「筑附高はかつて東大合格者ベスト10の常連でしたが、1990年代以降はそこまでの実績は残していない。といっても、東大には毎年コンスタントに30人台は入っているし、医学部への進学も多い。この筑附高にエスカレーター式に上がれる筑附小に合格するということは人生のプラチナカードを得るようなものなのです」

 こう話すのは大手学習塾の幹部スタッフ。ただし、それが本当にプラチナカードだと言い切るには怪しい面もあるのだが……。そのあたりの疑問については後述する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  7. 7

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  8. 8

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る