関電報告書「恫喝で半身不随」は起こるのか 専門家に聞く

公開日: 更新日:

「森山氏のあまりに激しい恫喝の影響もあって身体を悪くし半身不随となった」――。原発マネー還流事件をめぐる関西電力の報告書のこの記載に、「おやっ」と思った人も多いのではないか。

 半身不随は、体の左右いずれか半分が麻痺し、思うように動かなくなることだ。人間は恫喝によって半身不随となるのだろうか。医師で作家の米山公啓氏に聞いてみた。

「ストレスなどで血圧が高く、動脈硬化が起こりやすい状態で強烈な恫喝を受けると、脳卒中を起こし、半身不随になる可能性があります。発病した関電社員はもともと血圧が高めの方だったのかもしれませんし、森山氏の対応を繰り返す中で、膨大なストレスを蓄積していったのかもしれません。いずれにしても、脳卒中に導いた最後の一撃は、相当パンチがある恫喝だったのでしょう」

 サラリーマンも、部下を叱る時は気をつけたほうがいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  10. 10

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

もっと見る