中川健一
著者のコラム一覧
中川健一峠研究家

1948年、東京生まれ。峠研究家。国学院大学法学部卒。建築・土木資材メーカー「岡部」㈱入社後、1級建築士などの国家資格を取得。08年から峠巡りを始め、10年間で全国2954峠を踏破し、「全国2954峠を歩く」(内外出版社)を上梓。8月に3000峠越えを達成した。

鉄道や7本ものトンネルが通る“傷だらけ”の山梨・笹子峠

公開日: 更新日:

 笹子峠は、山梨県の大月市と甲州市の境に位置し、標高は1096メートル。中央自動車道の渋滞情報でよく耳にする、笹子トンネルが通る峠と言えばお分かりでしょう。今回は、この笹子峠の“傷だらけの人生”について、お話しします。

■江戸時代は甲州街道の難所

 もともと、笹子峠は江戸幕府が開通させた甲州街道

(江戸・日本橋~信州・諏訪までの約55里)の難所として知られていました。峠越えは大月市笹子町追分から大和村日影までの十数キロ。道幅は狭く、つづら折りが連続する、まさに難所だったそうです。

 この旧道は、昭和初期に隧道開通によって大役を終え、静寂の中にありましたが、昭和末期に整備され、現在は通行ができる状態になっています。私は、この地をバイクで訪れましたが、峠越えの際はこの旧道ルートをたどることになります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る