“乳酸菌飲料”で有名 森永乳業とヤクルトの社員待遇を比較

公開日: 更新日:

 インフルエンザ対策として乳酸菌が注目されています。今回の損得はそんな乳酸菌飲料で有名な「森永乳業」と「ヤクルト」の社員待遇を比較してみます。

 森永乳業は1917年創業の会社です。合併話が再燃している森永製菓とは兄弟会社の関係です。売り上げの約4割が市乳(牛乳)で、他には乳製品、アイスクリームが続きます。「マウントレーニア」シリーズはチルドカップコーヒーの元祖的な存在で、乳酸菌製品には「ビヒダス」「アロエヨーグルト」があります。

 対するヤクルトは、1935年創業。乳酸菌飲料では国内最大手です。国内売上比率は4割で、現在は世界40カ国・地域で、毎日、4000万本のヤクルトが販売されています。プロ野球ヤクルトの親会社であり、高津新監督(写真)の下で来季は最下位脱出を図ります。

 前期の単独売上高は森永乳業が4303億円、ヤクルトは1794億円でしたが、経常利益は170億円と173億円でほぼ同じ。有価証券報告書によると、社員の平均年収は森永が739万円、ヤクルトが782万円。ピーク時の50歳では865万円と875万円で、その差はほとんどありません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  4. 4

    “復興五輪”強調に怒り 福島県民「内閣支持率30%」の衝撃

  5. 5

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  6. 6

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

  7. 7

    “東出不倫”で「スカーレット」八郎と三津の関係に批判噴出

  8. 8

    山形の老舗百貨店「大沼」自己破産を招いた3つの問題点

  9. 9

    進次郎「次の総理」急落 不倫騒動と側近のIR疑惑がWパンチ

  10. 10

    “金属後遺症”誠也の「アウトサイドイン」を直した練習法

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る