西谷綾子
著者のコラム一覧
西谷綾子

1986年、鳥取県生まれ。趣味は「体を動かすこと」。2016年、東京マラソンで3時間1分32秒の自己ベスト。特技はバスケットボール(インターハイ3年連続出場)。ジュニアアスリートフードマイスター。睡眠改善インストラクター。

生姜軟骨料理 がらがら(新百合ヶ丘)生姜で心も体もHOTに

公開日: 更新日:

 立ちっ放しやデスクワーク中心の座りっ放しの仕事は、長時間、同じ姿勢を取り続けることが多いので血液の循環が悪くなり、どうしても“足冷え”が生じやすくなります。冷え性自体は、圧倒的に女性に多い症状ですが、実は冷え性の自覚がない男性が意外に多く、「隠れ冷え性」の人もいるんですよ。

 この“冷え”を甘く見てはいけませんよ。冷えは免疫低下をもたらし、風邪をひきやすくなったり、だるさや下痢、不眠、肩こりに頭痛、女性の場合は月経不順など体に変調をきたすリスクがあります。全身の新陳代謝も低下し、抜け毛に白髪、肌の乾燥やくすみ、肥満なども招いてしまいます。

 さらに! 日刊ゲンダイ読者を驚かせるわけではありませんが、脳梗塞や心筋梗塞、腫瘍といったシリアスな病状を引き起こす因子となります。

 この時期、私は“血液循環を良くする”ことにとりわけ注意しています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る