西谷綾子
著者のコラム一覧
西谷綾子

1986年、鳥取県生まれ。趣味は「体を動かすこと」。2016年、東京マラソンで3時間1分32秒の自己ベスト。特技はバスケットボール(インターハイ3年連続出場)。ジュニアアスリートフードマイスター。睡眠改善インストラクター。

生姜軟骨料理 がらがら(新百合ヶ丘)生姜で心も体もHOTに

公開日: 更新日:

 立ちっ放しやデスクワーク中心の座りっ放しの仕事は、長時間、同じ姿勢を取り続けることが多いので血液の循環が悪くなり、どうしても“足冷え”が生じやすくなります。冷え性自体は、圧倒的に女性に多い症状ですが、実は冷え性の自覚がない男性が意外に多く、「隠れ冷え性」の人もいるんですよ。

 この“冷え”を甘く見てはいけませんよ。冷えは免疫低下をもたらし、風邪をひきやすくなったり、だるさや下痢、不眠、肩こりに頭痛、女性の場合は月経不順など体に変調をきたすリスクがあります。全身の新陳代謝も低下し、抜け毛に白髪、肌の乾燥やくすみ、肥満なども招いてしまいます。

 さらに! 日刊ゲンダイ読者を驚かせるわけではありませんが、脳梗塞や心筋梗塞、腫瘍といったシリアスな病状を引き起こす因子となります。

 この時期、私は“血液循環を良くする”ことにとりわけ注意しています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  7. 7

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  8. 8

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る