エーワールド大山峻護社長 稲盛和夫の言葉が心に刺さった

公開日: 更新日:

 2005年、大山峻護選手は不調だった。にもかかわらず、K―1王者ピーター・アーツ選手を試合で秒殺するという大目標を掲げる。周囲はバカにしたが、ひたすら勝利の瞬間をイメージし、つらい練習をこなす日々。しかし、大晦日のイベントで発表されたピーター・アーツ選手の対戦相手は大山選手ではなかった……。

 ◇  ◇  ◇

 そんなことは意にも介さず、大山さんは最終調整の沖縄合宿に入る。そして試合9日前、なんとピーター・アーツ選手の対戦相手がケガで出られなくなり、大山選手に白羽の矢が立ったのだ。本番を迎え、彼はイメージ通り、ピーター・アーツ選手に勝利してしまう。

 このエピソードは、友人でもある大嶋啓介さんらの著書「前祝いの法則」(フォレスト出版)に紹介されている。明るい未来を先に祝い、運を引き寄せてしまおうという思考法だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  3. 3

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  4. 4

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  5. 5

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  6. 6

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  7. 7

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  10. 10

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る