別人のSIMカードから生まれた…国境も性別も超越した友情

公開日: 更新日:

 ちょっとした手違いから国境も性別も超越した素敵な友情が生まれ……あるオランダ人女性が米NFLバッファロー・ビルズの熱狂的なファンになった。

 米地方テレビ局WIVB(10月28日付電子版)などによると、オランダのアムステルダム出身の女性アマンダ・ペリーノさんは今年9月から米国で仕事をスタート。

 米国でスマホが使えるように新しくSIMカードを購入したところ……以前の持ち主がアメフトNFLのバッファロー・ビルズのチャットグループに属していたようで、しょっちゅうメッセージが入ってくる。メンバーは10人前後、全員男性だ。

 アマンダさんは「私は最近、このSIMカードを買ったばかりで、前の持ち主とは別人物です」と事情を説明し、グループから抜けようとしたが、メンバーたちはこの手違いを面白がって「ダメ」「抜けるより番号を変える方が早いかもね、ハハハ」などと言って抜けさせてくれない。アマンダさんを男性だと思い込んでいたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る