西谷綾子
著者のコラム一覧
西谷綾子

1986年、鳥取県生まれ。趣味は「体を動かすこと」。2016年、東京マラソンで3時間1分32秒の自己ベスト。特技はバスケットボール(インターハイ3年連続出場)。ジュニアアスリートフードマイスター。睡眠改善インストラクター。

韓国料理 水刺齋(渋谷)カプサイシンでポッカポカになる

公開日: 更新日:

 忘年会にクリスマスに納会に帰省した先で同窓会……。年の瀬が近づくとムシャムシャ食べる&ガンガン飲む! という機会が増えますよね。個人的にはアルコールの過剰摂取はいかがなものか? と思いますし、脂っこいモノばかり食べたり、ベテランさんなのにライスを大盛りにしてみたり、肝臓や胃に必要以上の負担をかけるのは避けた方が賢明です。

 というワケで今回は渋谷に足を向け、人気スポットのヒカリエでエレベーターに乗り、6階で降りて韓国料理の「水刺齋(スランジェ)」にお邪魔しました。

 お目当ては韓国の代表的な家庭料理「スンドゥブ」です。こちらの店のランチメニューには〈サム(包む)して食べる〉シリーズが5種類。迷わず「スンドゥブチゲ&ミニポッサムのセット」(1420円)を注文しました。

 運ばれてきたスンドゥブは、グツグツという音が聞こえてくる! と錯覚しそうなくらい煮えたぎり、中に入っているキノコやタマネギなどタップリ野菜、アサリやタマゴといった具材が“踊っている”姿を見ているだけで食欲アップです。フゥフゥしながらスープをひと口飲むと一瞬にして〈ピリ辛〉に支配されますが、すぐにジワジワッとうま味が口の中に広がり、それどころか体の隅々に〈辛ウマ〉が染み渡るのが分かります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  6. 6

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  7. 7

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  8. 8

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

  9. 9

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る