西谷綾子
著者のコラム一覧
西谷綾子

1986年、鳥取県生まれ。趣味は「体を動かすこと」。2016年、東京マラソンで3時間1分32秒の自己ベスト。特技はバスケットボール(インターハイ3年連続出場)。ジュニアアスリートフードマイスター。睡眠改善インストラクター。

韓国料理 水刺齋(渋谷)カプサイシンでポッカポカになる

公開日: 更新日:

 忘年会にクリスマスに納会に帰省した先で同窓会……。年の瀬が近づくとムシャムシャ食べる&ガンガン飲む! という機会が増えますよね。個人的にはアルコールの過剰摂取はいかがなものか? と思いますし、脂っこいモノばかり食べたり、ベテランさんなのにライスを大盛りにしてみたり、肝臓や胃に必要以上の負担をかけるのは避けた方が賢明です。

 というワケで今回は渋谷に足を向け、人気スポットのヒカリエでエレベーターに乗り、6階で降りて韓国料理の「水刺齋(スランジェ)」にお邪魔しました。

 お目当ては韓国の代表的な家庭料理「スンドゥブ」です。こちらの店のランチメニューには〈サム(包む)して食べる〉シリーズが5種類。迷わず「スンドゥブチゲ&ミニポッサムのセット」(1420円)を注文しました。

 運ばれてきたスンドゥブは、グツグツという音が聞こえてくる! と錯覚しそうなくらい煮えたぎり、中に入っているキノコやタマネギなどタップリ野菜、アサリやタマゴといった具材が“踊っている”姿を見ているだけで食欲アップです。フゥフゥしながらスープをひと口飲むと一瞬にして〈ピリ辛〉に支配されますが、すぐにジワジワッとうま味が口の中に広がり、それどころか体の隅々に〈辛ウマ〉が染み渡るのが分かります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  5. 5

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  6. 6

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    故宮で贋作販売? 騙された日本人旅行者が生々しく証言

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る