田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

勝ち筋を逃した藤井は“挑戦”ではなく最年少タイトル獲得を

公開日: 更新日:

 藤井聡太七段(17)は公式戦で快進撃を続けていて、タイトル戦への挑戦が期待されている。

 藤井は今期の王将戦で挑戦者決定リーグに初めて出場した。6人の対戦相手は、上位順に久保利明九段(44)、糸谷哲郎八段(31)、広瀬章人竜王(32)、豊島将之名人(29)、羽生善治九段(49)、三浦弘行九段(45)。タイトル経験がある強敵ばかりだ。

 私はリーグ戦が始まる前に本欄(9月14日付)で、藤井と6人の棋士との対戦成績などを基にして、藤井の勝敗は4勝2敗と予想してみた。藤井は、久保と豊島、三浦以外に勝ち越していた。

 実際に藤井は王将戦リーグで、豊島に敗れたが、糸谷、羽生、三浦に勝ち、久保にも勝った。

 その結果、藤井は広瀬と4勝1敗で並んだ。最終戦の11月19日に、両者の直接対決で挑戦者が決まることになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  2. 2

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  3. 3

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  4. 4

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  5. 5

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  9. 9

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る