専門家がブーム分析「タピオカミルクティーの経済学」とは

公開日: 更新日:

 今年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「タピる」は、いまだブームが続いている。

 大阪税関の統計では、1~9月のタピオカの輸入量は前年同期比の約6倍。輸入額は約7・5倍の39億円に達した。いずれも過去最高だ。冷凍のタピオカミルクティーを販売し、女子高生が殺到しているという「業務スーパー」の神戸物産は業績好調。株価は先週19日に年初来高値を更新した。

 そんななか経済の専門家がタピオカに焦点を当てたリポートを出し、話題を呼んでいる。第一生命経済研究所首席エコノミスト・熊野英生氏の「タピオカミルクティーの経済学~スイーツのイノベーション効果~」だ。

 リポートには<タピオカは18年も大ヒットしていて、今年は終わるかと思っていた。予想に反して、需要の裾野はもっと広がった>とある。ブーム継続のワケはいったいどこにあるのか。いたって真面目にブームを分析している。タピオカ店の収益率もきっちり分析した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る