働き方改革で注目「フリーの営業マン」に向く人不向きな人

公開日: 更新日:

 フリーランス営業職と企業をマッチングするプラットフォームを運営している「カクトク」が、今月12日、コニカミノルタの外部営業チームをフリーランスの人材で構築したと発表――と聞いても、ピンとこない人もいるのでは。

 デザイナーとかエンジニアなら何となく分かるが、そもそも“フリーの営業”って何? 働き方改革が叫ばれるようになって、注目度が高まっているという。カクトク広報担当の山崎彩氏がこう話す。

「正社員の営業職で週に5日、1日9時間という働き方では、育児や介護などの問題に直面した際に身動きが取れなかったりします。それに正社員の営業職が営業活動に割ける時間は1日3・5時間というデータもある。だったら自由度の高いフリーになってスキルも時間も有効に使おうと考える人が増えています。生産性や収益を高めたい、営業が課題という企業にとってもそれは同じで、営業にかける時間やコストが無駄になっている場合がある。フリーランスの活用が選択肢として広がっているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る