リコーや富士通が実施も…浮上した大規模テレワークの課題

公開日: 更新日:

 来夏の東京五輪・パラリンピック(以下オリパラ)開催まで1年を切った。大会期間中の都内交通の混雑を緩和し、大会の円滑な運営のため、総務省、厚生労働省など4省が連携して実施した「テレワーク・ディズ2019」(7月22日~9月6日)は、全国から2887団体、延べ68万人が参加し行われた。

 ICT(情報通信技術)を活用して自宅や勤務先などオフィス以外で働くテレワークは、政府の働き方改革の一環として、すでに多くの企業が取り入れ始めている。

「本番1年前のテストという位置付けで大規模に実施し、目標の60万人を超えて参加していただき、本番の準備が整ってきたと思っています。大会の全期間中、全社をクローズしてテレワークするという事業者さんや、週単位で行うという事業者さんもおられた。トヨタ自動車は今年も本番の来年7月24日も、本社は全館停電でテレワークということです」(総務省情報流通高度化推進室)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2

    「赤い公園」津野米咲さんが29歳で急死 SMAPにも楽曲提供

  3. 3

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

  4. 4

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  5. 5

    村山由佳「風は西から」にはワタミの真実が描かれている

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    ラミ監督はクビ同然…DeNAは“ハマの番長”で巨人に勝てるか

  8. 8

    中野雅至氏 菅政権の小さな政府路線と1億総ゴマカシの限界

  9. 9

    石原さとみ東大卒夫は年収5000万円!商売と夫婦円満に重要

  10. 10

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

もっと見る