難病で絶望の淵に…さかもと未明さんを救った「塩狩峠」

公開日: 更新日:

 エロチックな漫画にカゲキなエッセー、はたまたテレビの辛口コメンテーターと、マルチな才能を発揮してきた、さかもと未明さん。しかし、絶頂期の12年前に突然、難病に襲われる。闘病と孤独と不安……。その絶望の淵から引き上げてくれたのが聖書だったが、きっかけは少女時代に読んだこの本だという。

■えっ、漫画も描けなくなるの?

 病名を告げられた帰り道、自宅のマンションが見えたところで、私はひとり、泣いてしまいました。涙がこぼれて止まりませんでした。

 大病院で宣告された病名は「膠原病」。具体的には全身性エリテマトーデスや強皮症。治すことのできない難病と告げられたものだから、悲しみや不安、怖さがこみ上げてきたんです。

 ひとり暮らしで病院にも一人で行きましたし、自分が難病を患っているという自覚はなかった。でも、その2年前くらいから、異様な目の乾きや高熱、止まらない咳、発疹、手足の冷えなどが続いていました。だるくて片付けができず、部屋はゴミ屋敷だし、精神不安もあってガス栓を閉めたか心配で何度も自宅に戻ったり。ただそれは、仕事の疲れや不摂生が原因だと思っていました。でも、2007年の11月、両手の指が腫れて痛み、脂汗が出るような全身の痛みに「これは変だ」と。そして大学病院で精密検査をした結果が膠原病でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  4. 4

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  5. 5

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  6. 6

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  7. 7

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る