気候変動後進国ニッポン…頼りになるのは「地方自治体」

公開日: 更新日:

2度の「化石賞」

 日本が気候変動で世界をリードしていくことはつくづく難しいと思った。近年、日本や海外で記録的な高温や強大化した台風による豪雨、さらに熱波、干ばつ、海面上昇など温暖化により引き起こされる大規模な災害が相次いでいる。気候変動は、地球規模での緊急課題になっているのだ。

 昨年末にはスペインで開催された第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)に、日本政府代表として小泉進次郎環境相が出席し講演した。ところが小泉環境相は会議で存在感を示すどころか、国際環境NGO「気候行動ネットワーク」(CAN)から地球温暖化対策に後ろ向きと認定される「化石賞」を贈られ帰国した。

 それだけではない。国連のグテーレス事務総長がCOP25の開催時に、温暖化対策の強化と石炭火力発電の利用をやめるよう世界に呼びかけた翌日、梶山弘志経済産業相は閣議後の会見で「石炭開発、化石燃料の発電所は選択肢として残しておきたい」と発言、梶山経産相も不名誉な「化石賞」を贈られたのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  5. 5

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  8. 8

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る