【野方編】“笑い地蔵”に導かれて入ったウナギ屋は超老舗店

公開日: 更新日:

 暖冬とはいえ冷たい木枯らしが肌を刺す昨年12月の夜。ふと温かい焼酎のお湯割りと熱々のもつ焼きが恋しくなり、西武新宿線の野方駅へ。

 野方は名店・秋元屋を筆頭に何軒もが点在するモツ焼きタウン。こよいはどこで飲(や)ろうか南口界隈をぶらついていると、駅から少し離れた場所で「笑い地蔵尊」なる祠(ほこら)を見つけた。

 中には小さなお地蔵さん。通りすがりのご老人に聞いてみると、“戦後の苦しい時代に笑顔を”と祭られたものだとか。最近、心の底から笑ってないなぁと手を合わせる。振り向くと、おあつらえ向きにやきとん屋とウナギ屋が。やきとんのつもりだったが年の瀬に奮発してウナギもいいか。「上州屋」と書かれた暖簾をくぐった。

 中はカウンターだけ。ちょうど板場の前が1席空いていた。「ウナギでしたら時間がかかりますので今のうちに」と細身で白髪交じりの主人。うな重を頼み、ふぐの煮こごりとビールで一杯飲りながら待つことに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  7. 7

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  10. 10

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

もっと見る