【大岡山編】ほろ酔い気分で南口の“地下商店街”をさまよう

公開日: 更新日:

 東急大井町線と東急目黒線が乗り入れる大岡山駅。改札を出て右手すぐに大岡山北口商店街が。創業70年の音楽店には懐かしのカセットやCDが並ぶ。青春時代を思い出して胸キュンしちゃった。

 賑やかな商店街をまっすぐ進むと、やがて人けもなくなり寂しくなる。と、ポツンと赤提灯が見えた。店先に縄のれんがさがった古風なたたずまいにひかれ、引き戸をガラガラと開けた。

 焼き鳥屋「U」。カウンター7席、テーブル3卓のこぢんまりとした店内。気さくな女将サンが頑張ってたわ。1本120~280円の串焼きのレパートリーは豊富で、しかもボリュームたっぷり。なんこつ120円はジューシーな身がギッシリついて2本食べたらお腹がいっぱいに。

 プロ野球の関係者がたまに顔を出すらしく、壁には野球選手の色紙が数枚飾られてたわ。

「大岡山は治安が良く、パチンコ屋とか風俗店がないの。その代わりマッサージ店が多くて、中には淫靡なサービスをやってくれる店もあるそうよ」

 女将サンはこう言いながら、年配客の顔をチラリと見やった。その常連らしき男は慌てたそぶりで、「ディープな店ならとっておきの店がある」と割り込んできた。後ろめたさがあるのかしら。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る