「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

公開日: 更新日:

 会社に遅刻する! ついウソの言い訳をしてしまった経験がある人、少なくないと思いますが、この女性の場合、ウソをもっともらしくするために写真を送ったのがまずかった……。

 英紙ミラー(1月11日付電子版)などによると、問題の女性の同僚で、米オクラホマ州に住むシドニー・ホイットソンさんが1月9日(日本時間)にツイッターに投稿した写真と書き込みが急拡散しているという。

「私の同僚が(またも)電話をかけてきて、『釘を踏んでパンクしてしまった』というのです。皆さん、真似しちゃダメですよ。彼女がボスに送った写真の釘の部分を拡大してみて」

 写真をよく見ると、確かに少し不自然。それもそのはずで、画像編集ソフトで加工したものだ。

 女性の上司もすぐにそれに気がつき、職場の全員に「こんなことをしたらダメだぞ」という戒めの意味で写真を転送したという。シドニーさんはそれを投稿したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る