加来耕三
著者のコラム一覧
加来耕三歴史家・作家

昭和33年、大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科を卒業後、同大学文学部研究員をへて、現在は大学・企業等の講師をつとめながら著作活動を行っている。テレビ・ラジオ等の番組監修・出演などの依頼多数。著書に『加来耕三の戦国武将ここ一番の決断』(滋慶出版/つちや書店)『卑弥呼のサラダ 水戸黄門のラーメン』(ポプラ社)ほか多数。

関ヶ原の戦いや安保闘争も「庚子」の今年は何かが起こる?

公開日: 更新日:

 最終回は一つ、歴史上の人物ではなく、「日本」の光と影――わが国が本年、どういう一年になるのか、を予測してみましょう。

 歴史学は占いではありませんが、常套語に「歴史はくり返す」をよく使います。これは歴史のメカニズムが、人の一生と同じ周期をたどることに起因しています。

 人は生まれて成長し、やがて壮年期(ピーク)を迎えますが、その先には衰亡が待っています。

 この流れは時代や国家、組織、あるいは個人においても、不変の法則といっていいでしょう。

 この歴史の流れを、60年周期で捉えるのが、歴史学の親戚ともいうべき「暦学」です。

 十干、十二支で表現されるもので、ちなみに今年は「庚子」(かのえ・ね)の年となります。

「庚」は十干の7番目、古代中国では金属を表し、有形のものとしては兵器や武器を、無形のものとしては「正義」を象徴してきました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る