牧野伊三夫
著者のコラム一覧
牧野伊三夫画家

1964年生まれ。画家。美術同人誌「四月と十月」同人。著書に「かぼちゃを塩で煮る」(幻冬舎)、「僕は、太陽をのむ」(港の人)ほか。北九州市情報誌「雲のうえ」、飛騨産業広報誌「飛騨」編集委員。

新年会兼ねた打ち合わせで酔って なぜか夜の庭で寒風摩擦

公開日: 更新日:
画・牧野伊三夫

 友永君は、都内で生活雑誌の編集の仕事をしている。原稿執筆の依頼だったろうか、4、5年前に銀座のバーで初めて会った。僕と同じく九州の出身で、年齢も同じ55歳。仕事は違うが、学校を出てお互いに東京で30年以上なんとか働いてきたと思うだけで、ちょっとした同志のような気持ちになるが、そ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  4. 4

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  5. 5

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  8. 8

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  9. 9

    拙いコロナ対応 外国人選手の東京五輪ボイコットに現実味

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る