消毒液代用で需要増?新型コロナ禍でポーランド酒が品薄に

公開日: 更新日:

 アルコール消毒液が売り切れ状態となる中、ポーランドのウオッカ「スピリタス」が品薄になっている。

 スピリタスはアルコール度数が96%と、世界最高度。ネットでスピリタスを使った消毒液の情報が出回り、代用品を作ろうとしている人が続出しているらしい。

 酒類輸入販売会社「ミリオン商事」によると、同社では過去1~2週間で出荷量が急増。例年の2倍以上に達した。

 この珍現象に関して、公衆衛生学が専門の鈴木宏新潟大名誉教授は、「素人が消毒液の代用品を作ろうとするよりも、水でもいいので手洗いをしっかりすることが大事だ」と指摘した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る