東京五輪の延期・中止で話題騒然! SF漫画「AKIRA」の予言

公開日: 更新日:

「7月か8月という見方もある。それよりあとかもしれない」――。世界で感染拡大している新型コロナウイルスの終息見通しについて、16日、ホワイトハウスでこう語ったトランプ大統領。この発言を聞いてため息を漏らしたのは東京五輪の大会関係者だったという。

「だって7月か8月といえば、本来であれば東京五輪の開催時期ですよ。トランプ大統領の見立て通りであれば、日本国内は終息しているかもしれないが、米国選手の出場はムリということでしょう。米国選手のいない五輪はあり得ないし、仮にもう少し早い時期に新型コロナウイルスの感染拡大が米国で沈静化したとしても、それから選手がベストコンディションに持っていくのは難しい。これはトランプ大統領が遠回しに延期をほのめかしたと思いましたね」(大手広告会社社員)

 東京五輪の延期や中止の可能性は高まるばかりだが、五輪に注目が集まるほど話題になっている漫画がある。1982年12月~90年6月にかけて「週刊ヤングマガジン」(講談社)に掲載された大友克洋氏のSF漫画「AKIRA」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 2

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  3. 3

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  4. 4

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    和歌山で地震が頻発…本当に南海トラフと無関係なのか?

  9. 9

    小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

  10. 10

    黄金期の3倍稼ぐ石橋貴明 “ぼっちYouTuber”化の哀しき晩年

もっと見る