米国は“戒厳令”状態でも…春のビーチはパリピで大混雑!

公開日: 更新日:

「スプリング・ブレークのパーティーの写真をアップするのって全然クールじゃない。すごくアホに見えるし、みんな、おまえらがバカだって分かってるから」

「友達がフロリダのフォートマイヤーズにいて、感染拡大防止のために自主的に自宅待機してる。きょう(18日)、買い物に行く途中でビーチの近くを車で走ったら、これまでにないぐらいにビーチは人でごった返していたって。スプレング・ブレークがたけなわだ。地方政府や州知事が早くビーチ閉鎖を決定しないと、高齢者がバタバタ死んじまうぞ」

 一方、ペンス副大統領のショート首席補佐官も、この問題に関して判断しかねている。FOXニュースにこう語った。

「今の状況でビーチに行くことが良いのか悪いのか、医療専門家の間でも意見が分かれているんだ。人混みは避けるべきだが、外に出て外気に触れるのは悪くないっていうんだ」

 素人判断でも、写真のように、無数の人たちが濃厚接触しちゃ、まずい気がするんだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る