新型コロナ「集団免疫」獲得まで最低2年 米大学論文の衝撃

公開日: 更新日:

 米ハーバード大の研究チームが14日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐには外出規制などの対策を2022年まで断続的に続ける必要があると発表し、衝撃が走っている。

 米科学誌サイエンス(電子版)に掲載された論文によると、研究チームは2025年までの感染者の推移を推定。多くの人が新型コロナウイルスに感染し、集団免疫を獲得するには22年までかかることが分かったという。

 集団免疫を獲得するまでに今から少なくとも2年は必要となれば、来年夏に延期された東京五輪開催も厳しいと言わざるを得ない。東京五輪が新たな「感染爆発」を引き起こす可能性があるからだ。しかも、今回のウイルスはいまだに謎の部分が多い。そのひとつが、いったんは陰性と判断されたにもかかわらず、後に陽性と判断されるケースだろう。

 韓国でも一度は陰性と判断された患者116人が陽性反応を示したことが発表され、韓国疾病予防管理局(KCDC)はウイルスの「再活性化」の可能性を指摘していたが、「再活性化」が事実となればこれほど質の悪いウイルスはない。元東京都衛生局職員で、医事ジャーナリストの志村岳氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった