高級食材が軒並み値下がり 生産者は売れることが優先課題

公開日: 更新日:

 緊急事態宣言が解除され、「デパ地下」もほぼ通常通りの営業が再開された。足を運んでみると持ち帰りの食材を求める客の姿が多い。都内では名の知れた寿司店が店頭販売している。お持ち帰り用握りセットを購入して驚いた。1人前1000円前後とコロナ以前よりも安くなっているし、ネタも以前よりも豪華だ。

 コロナ禍による行動自粛、イベント中止の影響で外食産業、ホテル、旅館などの需要が激減し、水産物の卸値が軒並み下がっていることが関係しているようだ。また外国人観光客がいなくなったことで、最高級の天然クロマグロ、ノドグロ、ヒラメ、ウニといった高級水産物も大幅に値下がり。卸売市場では例年の3~4割安く取引されているという。

 水産物だけにとどまらず、同じく外国人観光客に人気の高級和牛、高級果物なども卸値は例年に比べて大幅に低下傾向にある。ちなみにウナギも稚魚が豊漁で、今後値下がりが予想されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  3. 3

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  6. 6

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  7. 7

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

  10. 10

    GoTo強行もお盆帰省するな 西村担当相“禅問答”の支離滅裂

もっと見る