<55>言語を取り戻すリハビリに「出会い系サイト」を活用

公開日: 更新日:

 文字は読めないし書けない。だれかにストーリーを話して書いてもらう“聞き書き”も、しゃべれないのだから不可能だ。物書きとしては、死んだも同然になっていた。そんな時、オリジナルの“出会わない系のリハビリ”を思いつく。

 やり方は簡単だ。出会い系サイトにアクセスし、自己紹介や女性への質問などを考えてメールを送る。すると写真付きの返信が来るので返事を書く。この繰り返しだ。これが言語を取り戻す訓練になった。

「出会い系って1回のメールに書ける文字数が決まっているんだよ。それも良かったんだろうな。だらだらと長く書けるようだと、短い文章の中で思っていることを伝えようとして工夫する必要がないから頭を使わなくていい。これじゃあリハビリにならないよ。

 まあ向こうだって、一度にドバッと書けるような仕組みにしちゃうと商売にならないだろ? 少しずつ何度も繰り返し書かせることで小銭を落としてもらえるんだからな。必ず返信が来るのもよかった。向こうからすれば、どんなヤツが書いているのか分からないんだけど、とにかく送り返さないと途切れちゃうから必死だよ。おかげで好きなだけやりとりを続けることができた。あんなにタメになるサービスはないね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  5. 5

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  8. 8

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  9. 9

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  10. 10

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

もっと見る