【クリームチーズ金山寺味噌和え】日本酒すすむ組み合わせ

公開日: 更新日:

可不可(東京・麻布十番)

 1分もあればできるお手軽な一品。包丁も火も使わないし、自分で食べるだけなら調理用の皿もいらないお手軽さ。和と洋が融合したテッパンのつまみだろう。

「チーズには塩辛も合いますから、カツオの酒盗に替えてもいいですね。さっぱりが好きな方は食べる直前に和えるのがおすすめですが、しっとり染み込んだ味噌チーズが好みなら翌日が食べごろです」

 金山寺味噌自体は麦こうじ、醤油、みりんが入っているので濃いめだが、コクがありねっとりとした食感のクリームチーズとは相性バッチリだ。見た目は派手ではないが、日本酒がすすむ。

《材料》(1人前)
・チーズ(市販のキューブタイプ) 5~6個
・金山寺味噌 お好みの量

《作り方》
(1)クリームチーズを金山寺味噌と和える。
(2)味を染み込ませて、「味噌チーズ」風にするなら翌日が食べごろ。

▼宮下大輔(みやした・だいすけ)
 1961年、山梨県生まれ。20代でダイニングバー「春秋」の開店にあたり、95年には麻布十番に「暗闇坂 宮下」を開店。レストランのプロデューサーとして数々の店舗に関わり、2015年に「可不可 KAFUKA TOKYO」をオープン。定期的に料理教室や地方のシェフとコラボしたイベント(現在は休止中)を開催し、「日本のいいものを見直せるお店にしたい」という。

▼可不可 KAFUKA TOKYO(かふか)
 日本の素材を使った料理と和酒(日本酒、日本ワイン)がテーマ。おまかせコース(9品程度)のみの提供で、国産の野菜と魚を生かした創作料理が味わえる。
 店内は木のぬくもりがある静寂な空間。壁には全国のワイナリー、酒蔵、生産者らのサインが寄せられており、オーナーのこだわりが感じられる。

東京都港区麻布十番2―7―14 2階
℡03・5439・6395
定休日は日・祝日

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る