北海道で再び急増…冬のコロナ感染爆発は北から襲いかかる

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの感染拡大が新たな局面に突入しつつある。国内外で寒い地域でのコロナの感染が爆発しているのだ。

 警戒度が1から2に引き上げられた北海道は、春の1日の感染者数は4月23日の45人が最多だったが、最近は10月23日の51人以降、ほぼ連日最多を更新。31日には81人となり、1日も、札幌市の過去最多59人を含む69人の感染が確認された。道保健福祉部の担当者は「全道で非常に危険な状況になっている」と警戒感をあらわにしている。

 青森県では10月14日時点の感染者は累計41人だったが、1日時点で236人と20日間で6倍近く増えた。宮城県では、1を超えると感染拡大傾向を示す実効再生産数が31日時点で2.26。寒いエリアで深刻な状況になっているのだ。欧州でも第1波を大きく超える第2波が到来。フランス、英国など外出制限する国が相次いでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  6. 6

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る