【ラープヘッ】「酸っぱ辛い」幸せのレシピ

公開日: 更新日:

オールドタイランド(東京・新橋)

 トムヤムクンに似た風味のする炒め物。いわゆる「酸っぱ辛い」のが特徴で、いくら食べても飽きない。もちろん、酒にも合う。

「ラープは説明が難しいのですが、この味の料理全般を指します。ヘッはキノコ。もともとはタイの東北部、ラオスに近い地域の料理です。ラオス語で『幸せ』を意味する言葉がラープなんです」

 とは川口オーナー。

 そういえば、タイ料理といえばパクチーという印象を持っている人もいるはず。確かに今回紹介した5品もパクチーを使うが、むしろ控えめといった印象だ。

「タイには『パクチーロイナー』という言葉があります。直訳すれば『パクチーを表面にかける』ですが、転じて『パクチーでごまかす』という意味もある。やたらめったらパクチーをのせるのは、味をごまかしている、と思われてしまうんです」(川口オーナー)

 最後にシェフのチャームンクンさんから一言。

「タイ料理で欠かせないのは唐辛子とナンプラー。この2つさえあれば、後はお好みの食材でタイ料理を作れますよ」

《材料》
・豚ひき肉 40グラム
・しめじ 50グラム
・エリンギ 50グラム
・生米 適量
・レッドオニオン 4分の1個
・鶏ガラスープ(水でも 可) 大さじ2
・万能ネギ 適量
・パクチー 適量
・ミント 適量
・すだち、かぼすなどの柑橘類 適量
調味料
・ナンプラー 大さじ1
・レモン汁 大さじ1
・うま味調味料 少々
・粉末唐辛子   小さじ半分

《作り方》
(1)生米をフライパンで、軽く色づくまで中火で煎る。煎った米をフードプロセッサーにかけ、粉末状にする。これで煎り米粉の完成。
(2)レッドオニオンは薄切り、万能ネギは小口切りにし、柑橘類は皮を糸状に千切りする。
(3)鍋で鶏ガラスープを温め、豚ひき肉、食べやすい大きさに切ったキノコ類の順番で加えて、炒めるように火を通す。
(4)豚肉に火が通ったら、火を止めて調味料を加え、①②を含む残りの材料をすべて入れて混ぜ合わせる。器に盛って完成。お好みでレタスやキュウリなど、好きな野菜を添えてもいい。

▽ウィラサック・チャームンクン
 1975年10月、タイ出身。18歳から33歳までタイのレストランで働き、その後はオープンスタッフを募集していた広島のタイレストランに勤務し、現在に至る。

▽オールドタイランド
 株式会社S.S.Cの川口洋代表取締役が2012年5月にオープン。19世紀のタイの民家をモチーフにした異国情緒漂う店内と、タイ人コックの作る本場料理が名物。

東京都港区新橋2―15―3 1階
℡03・6206・1532
ランチ…11時半~15時(ラストオーダー14時半)/ディナー…17~23時(ラストオーダー食事22時、飲み物22時半)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る