山本一力
著者のコラム一覧
山本一力作家

1948年、高知県生まれ。東京都立世田谷工業高校電子科卒業後、広告制作会社勤務等を経て97年「蒼龍」でオール読物新人賞を受賞。2002年「あかね空」で直木賞を受賞。「損料屋喜八郎始末控え」や「ジョン・マン」などシリーズ作品の他「欅しぐれ」「紅けむり」「千両かんばん」など著書多数。

【お題】コロナで休んだ人に始末書を要求する上司に…

公開日: 更新日:

 第3波の広がりで会社に初めて新型コロナウイルス感染者が出た。幸い軽症でしばらくの入院で復帰できたが、困ったのが上司の対応だ。なんと復帰初日、社内で見せしめのように、「コロナで休んだことに対する始末書を書け」と嫌みを語り始めた。こんな上司、何とかならないか。

■相手の自壊を待つ

 こんな手合いが上司づらして、非道な振る舞いに及べるとは!

 ひどい仕打ちをされた方に、これを言いたい。

 断言するが、このアホ上司はかならず失脚するか、制裁を浴びる。

 放置を続けては、組織が崩壊するからだ。

 さりとて、声高に上司の非をなじるのは得策ではない。業腹だろうが、相手の自壊を待とう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る