“ハイブリッド忘年会”の魅力 オンラインにリアルをプラス

公開日: 更新日:

 コロナ禍の影響で、大人数の密な宴会や出席者が集まる出張は難しく、忘年会幹事となった人は頭を悩ませていることだろう。レストラン「クルーズ・クルーズ」はリアルとオンラインを組み合わせ、参加者が一堂に会しているかのように楽しめる宴会プランを、新宿、池袋、横浜の店舗で始めた。レストランの宴会場では360度ウェブカメラを使用。その場に来られない人には宴会場と同じ料理を届け、オンラインで参加してもらう。全国から50人以上が参加する宴会もすでに開かれている。“集まらない”は、忘年会の新形態となりそうだ。

 この「オウルインワンパック」プランに使われる360度ウェブカメラは、アメリカのベンチャーが開発した、ミーティングオウル。日本ではソースネクストが販売している。

 本来オンライン会議で使うために開発されたミーティングオウルは、360度対応のカメラ、マイク、スピーカーを搭載。十数人が座ったテーブルの中心に置けば、内蔵のAIが自動的に話者を見つけ出してフォーカスする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る