早慶などの有名私大は中高大どの段階が最も入学しやすい?

公開日: 更新日:

 大手中学受験塾の四谷大塚が公表している慶応中等部の偏差値は女子が70、男子が64。開成、麻布、桜蔭、女子学院といったご三家と同じか、やや下回るレベル。昨今の傾向として難関の中高一貫校は6年間の教育を重視するため、高校の入学定員枠を設けない、もしくは減らすところが増えていて高校受験は以前より狭き門になっている。中学や高校で慶応の付属校より難易度が下の学校に入学した場合でも、大学で慶応に入学するチャンスはあると西村さんは話す。

「四谷大塚の偏差値で57くらいの中学校で成績が上位2分の1程度、52くらいで4分の1程度、さらに下の47くらいでも上位10%程度が慶応大学に入学できる学力があるといえます。ただ、付属受験の場合、大学受験とは別の側面があります。大学に入るのはもとより、早い段階で入学させて人脈をつくらせたいと親御さんが考えているケースが少なくないようです。内部進学生同士の結びつきが強く、大学に入ってから内部進学組と大学受験組でグループが分かれることが多いといわれています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  9. 9

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る