真珠で大儲けした1カ月後 タイの漁師が喜びの後に奈落の底

公開日: 更新日:

 世界中でさまざまなニュースが起こるが、これほど落差のあるニュースは珍しい。

 タイ南部ナコーンシータマラート県に住む漁師ハッチャイ・ナヤムディカさん(37)は1月下旬、牡蠣漁の操業中、ブイに付着した大きな牡蠣を見つけた。

 自宅に持ち帰って開けると、中からオレンジ色の玉が出てきた。ナヤムディカさんは最初、それが何かを判別できなかったが、近所の人が非常に高価な真珠「メロパール」であると指摘。噂を聞きつけたバイヤーが次々と現れ、最終的に1000万バーツ(約3500万円)で売買の契約が交わされて、ナヤムディカさんは大喜び。

 だが2月に入り、地元警察が突然、ナヤムディカさん邸を家宅捜索。すると覚醒剤の錠剤が数千単位で見つかっただけでなく、近所の別宅からもほぼ同量の覚醒剤が発見された。

 本人は「自分のものではない」と否認したが、ナヤムディカ容疑者の所有物であると判断されて逮捕され、今はうなだれているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る