改正児童虐待防止法から1年 しつけと体罰の間で揺れる母心

公開日: 更新日:

(取材・文=中西美穂/ジャーナリスト)

 2019年1月、千葉県野田市で父親の行き過ぎた体罰により、小学校4年生の女児が死亡した。あの事件がきっかけとなり、体罰の禁止を明文化した改正児童虐待法防止法が、改正児童福祉法と共に成立し、2020年4月に施行された。

 改正児童虐待防止法には〈法律第14条第1項 児童の親権を行う者は、児童のしつけに際して、体罰を加えることその他民法第820条の規定による監護及び教育に必要な範囲を超える行為により当該児童を懲戒してはならず、当該児童の親権の適切な行使に配慮しなければならない〉と記されている。

 しかし、この法改正によって虐待が減少したどころか、さらに増加傾向にあるという。19年度に全国の児童相談所が対応した18歳未満の子供への虐待件数は約19万件。前年度から約3万4000件も増加した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る