「セルフバック」って何だ?月5万円稼ぐ蓄財生活のススメ

公開日: 更新日:

 コロナは、生活を揺さぶっている。各種調査によると、収入を減らした人は2~4割に上る。景気の見通しも暗く、収入減を免れている人も油断は禁物だろう。収入を増やすか、生活費を圧縮するか。どちらもハードルが高いが、楽にできる可能性があるという。

  ◇  ◇  ◇

 日銀の「生活意識に関するアンケート調査」は全国の20歳以上を対象に毎年4回行われている。その中で収入を1年前と比べた質問では、昨年を通じて「変わらない」がほぼ半数で横ばいだが、「減った」は昨年6月の39.1%から昨年12月は41%と約2ポイント増加。逆に「増えた」は同8.9%から7.8%と約1ポイント減っている。

 コロナの影響がやや落ち着いた昨年9月の調査では、「減った」が昨年6月より0.2ポイント少なかったが、第3波の広がりとともに収入減が拡大しているようだ。

 そのマイナスを穴埋めしようと、主婦は家計をサポート。「ツナグ働き方研究所」によると、収入増を考えている妻は6割に上る。上積みしたい金額は、「月10万円以上」が25.4%、「月5万~10万円」が45.6%と月5万円以上が7割を超える。

 増やすにせよ、切り詰めるにせよ、月5万円はきついだろう。そう思いきや、そんなことはないという。

■自分で欲しい商品やサービスを購入するだけ

「『セルフバック』というネット広告に広がる成果報酬の仕組みをうまく使えば、生活費を簡単に節約できます。節約や貯蓄につきまとうハードルの高さや面倒なイメージとは無縁で、とても簡単です」

 こう言うのは、女性集客講師の上村菜穂氏だ。女性をメインにネットのコンサルティングを行っていることから「女性集客講師」の肩書だが、そのエッセンスは性別を問わず応用できる。で、節約の手っ取り早い方法が「セルフバック」だという。一体、どういうことなのか。上村氏に詳しく聞いた。

「アフィリエイトは、商品やサービスを自分のサイトなどで紹介し、それで読者が購入すると、商材を扱う企業から広告料として報酬が支払われる仕組みです。『セルフバック』はその亜流で、自分で欲しい商品やサービスを購入するだけで、成果報酬がもらえます」

 アフィリエイトをするには、会員と企業を仲介するアフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)への登録が必要だ。「セルフバック」も、各ASPに掲載されている商品のみが対象。近所のスーパーやコンビニ、あるいは家電量販店などで買ってきたものはペケ。セルフバックも、ASPサイトを媒介した企業とのやりとりだからアフィリエイトの亜流というわけだ。

「セルフバック」ができるのは、国内最大級で取り扱い商品が豊富な「A8.net」、期間限定で商品額の2倍の報酬もある「afb」(セルフバックは「selfB」というサービスで提供)、大企業が多数参加している「バリューコマース」(同「バリューポイントクラブ」)、楽天系の「リンクシェア」(同「セルフアフィリエイト」)など。いずれも会員登録は無料で、登録した銀行口座に後日報酬が入金される仕組みだ。

 たとえば、「A8.net」の会員になって、「セルフバック」のページを開くと、トップページにはキャンペーン中(今月28日まで)のオイシイ商品が並ぶ。

 金額がデカいのは、月額定額カーリース「SOMPOで乗ーる」で、新規契約の報酬は何と10万円! 通常より7万円増だ。DMMのFX口座を新規に開設したら3万円(通常は2万円)だし、JCBカードの「W」「WL」の新規契約で1万700円(同6559円)といった具合だ。

 これらの報酬は、各企業のHPなどで通常通り契約した場合はもらえない。ASPサイトの会員になるだけで得られるのだから、利用しない手はないだろう。

「クレジットカードや金融口座の新規開設は、概して報酬が高めに設定されています。しかし、報酬目当てで短期間に次から次へとクレジットカードの契約を繰り返すと、ブラックリストに載る恐れが高い。セルフバックを利用するときは、報酬の絶対的な高さより、自分の利用価値を重視すべきでしょう。つまり、自分が欲しいもの、使ってみたい商品に絞るべきです」

還元率10%はザラ

 ASPサイトに掲載されたカテゴリーは「健康」「美容」「グルメ・ファッション」「旅行」「金融・投資・保険」「学び・資格」「暮らし」などと幅広い。「グルメ」ならさらに「飲料」「加工食品」「生鮮食品」と細分化されたりする。その中身を吟味し、自分の生活と照らし合わせて、必要なものに限定し、「セルフバック」を利用すればいいという。

「食事は毎日のことですが、コロナ感染対策予防から、買い物の頻度を減らしたいという人が珍しくありません。そんな方におすすめなのが、野菜や魚介類の詰め合わせセットです。これらを定期的に注文し、それに対応した報酬が得られれば、報酬目当てに不要なものを購入してタンスの肥やしになることがありませんから」

「A8.net」でグルメの生鮮食品をのぞいてみると、報酬は「購入代金の10~30%」「セット購入で1000円」「初回購入300円」となっている。報酬のつけ方は広告主によってまちまちで、購入代金に対する割合の場合、10%はザラ。前述した金融系と比べると見劣りするが、1%が相場のクレジットカードのポイント還元率より高いし、購入がカード払いなら、そのカードのポイントもつくからダブルで得だ。

 そうやって支出の多くをセルフバックに置き換えて、それが10%還元なら、月5万円を稼ぐのは決して無理ではないだろう。その基本を頭に入れた上で、ほかにもポイントがあるという。

定期的に買うものはメーカーを替えて

「セルフバックできるのは、各商品1回限り。A社の野菜の詰め合わせをセルフバックしたら、次はB社の詰め合わせにするのがセルフバックを賢く使うコツです」

 サブスクや定期購入は初回購入時に報酬が得られるが、その後は報酬ゼロ。単発買いを繰り返すのだ。

■複数のASPに会員登録する

「ASPのサイトにある商品のカテゴリー分類は似ていても、中身のラインアップは大きく異なっています。なので、欲しい商品がある場合、複数のASPサイトを見比べることが大切です」

「バリューコマース」はヤフーショッピングやパナソニックストア、「リンクシェア」は母体の楽天のほかJAL、ビックカメラなど大企業もカバーしている。ASPサイトに求めている商品の企業が含まれるかどうかはもちろん、各自が集めるポイントによってASPを使い分けるのが賢い方法だという。

■ほかの購入方法も調べてみる

 セルフバックの高額報酬は魅力だが、ほかのサイトの価格をチェックするのは欠かせない。その金額が、報酬分を差し引いたセルフバック価格を下回るなら、わざわざセルフバックを利用する必要はない。当たり前のことだが、報酬に注目し過ぎると、それができなくなるという。

 ◇  ◇  ◇

 アフィリエイトは、商品が売れるような文章を考える必要があるが、セルフバックはただ買うだけ。今すぐ始めないと損だ。

(構成=清水美行/日刊ゲンダイ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  9. 9

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る