インドでは1日27万人感染!「二重変異株」国内発生の脅威

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスワクチンの接種が世界で進む一方、新規感染者数が再び急増し、過去最多の76万人ペースに膨れ上がっている。すさまじいのが世界2位の人口13億人を抱えるインド。1日あたりの感染者は27万人に上り、累計感染者は1500万人を超えた。要因とされる「二重変異株」は各地で出現する可能性があり、日本も対岸の火事ではいられない。

【写真】この記事の関連写真を見る(11枚)

 二重変異株は、ひとつのウイルス内の重要部分に2つの変異株の特徴を併せ持つ。インドでは3月末に確認され、前後して感染が再拡大。WHO(世界保健機関)によると、特異な突然変異が見られることから感染力が強まり、中和作用の低下を引き起こす可能性がある。「アジアと北米で報告されている」とも指摘しており、インド保健当局も「この変異株は免疫防御機能を回避したり、感染率が高くなったりする」との声明を発表した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    資産家は極力お金を使わない 身に付けている節約習慣とは

  2. 2

    櫻井翔×広瀬すず「ネメシス」大苦戦 なぜつまらないのか

  3. 3

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  4. 4

    視聴率は絶好調「ドラゴン桜」が映さない東大卒の“現実”

  5. 5

    菅首相はどれほどの国民が命落とせば五輪中止を考えるのか

  6. 6

    福井「子ども感染増」示す衝撃データ なのに政治は無関心

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    皇族の人権と制約 天皇制を支える公人としての特権と義務

  9. 9

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  10. 10

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

もっと見る