横山光昭
著者のコラム一覧
横山光昭家計再生コンサルタント

家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナー。借金したり貯金ができない家計の弱点を探り、確実な再生計画を見いだすプロ。これまで約1万5000人以上の家計再生を手がけた。

「なあなあ」状態は家計を圧迫…小遣い額の根拠を把握する

公開日: 更新日:

 男性サラリーマンの小遣いの平均額は3万9419円で、前年と比べ2672円増え、過去5年で最も高水準。新生銀行の「2020年サラリーマンのお小遣い調査」で、こんな結果が出ました。50代男性は4万1987円が平均だそうです。ちょうどコロナの影響でテレワークが増えてきた時期でしたが、小遣いへの影響は少なかったようです。

 毎年見聞きする「小遣い調査」ですが、家庭ではどのように金額を決めているのでしょうか。月収の1割、もしくは必要な時に必要なだけもらう、3万円と決めているけれど足りなくなったら追加など、根拠なく金額を決めたり、ダラダラともらっている人も多いようです。

 でも、これが原因で家庭にお金が貯まらないことも……。妻にしてみれば、程度によりますが予定していたやりくりが狂うので無理もありません。

 小遣い額を決める、見直すときには、まず「小遣いでどういう支払いをしているのか」を振り返りましょう。例えば、会社のランチ代だけを負担する人と、それに加えクリーニング代や散髪代も負担している人では必要額が違います。趣味など自由に使いたいお金も、毎月どの程度あれば満足できるかにより、必要額が変わります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る