フリマで月5万円稼ぐコツを達人伝授「成功体験を重ねる」

公開日: 更新日:

教える人=“フリマの達人”川崎さちえさん

 昨年4月の緊急事態宣言下で、「メルカリ」や「ラクマ」などのフリマアプリはユーザーを増やしました。フリマアプリとは、ネットフリーマーケット(ネットフリマ)のサービスを展開するアプリのことで、携帯電話やタブレット端末にインストールして、会員登録すると売買が可能になります。不用品を出品し、全国の人とコメント欄で値段交渉や質問をしながら取引するのです。巣ごもりしつつ、スマホひとつで部屋の整理整頓とお小遣い稼ぎができます。

 メルカリの場合、決済はコンビニ払い、携帯電話のキャリアー決済、クレジットカード払いなど多くの方法がありますが、相手口座への振り込みや代引きはできないルールなので安心です。商品は配送にて届くので、出品者と購入者は顔を合わせません。その方法もアプリ上で、メルカリ独自の「らくらくメルカリ便」に設定すればヤマト運輸が集荷希望日に取りに来ます。匿名配送も可能ですよ。

 フリマを始めるなら、まずは「売れた」という成功体験を重ねていく。コツがつかめると面白くなってきます。出品する商品は、初めの2~3回は「本」「DVD」がいいですね。洋服やバッグと違い、届いた時の実物品と購入者のイメージとの間に乖離が少ないのでトラブルになりにくいのです。サイト内に「出品ルール」を記載したページがありますから、事前によく読んでおきましょう。

本やDVDは「バーコード出品」できるのがメリット

「本」や「DVD」の良いところは、「タイトル」があるのでピンポイントで探している人の目に触れることです。さらに「バーコード出品」ができるのも大きいです。アプリの出品画面で「バーコード出品」を選択し、本の裏表紙のバーコードをスキャンすると「タイトル」や「売れやすい価格」「商品説明」といった必要事項が自動入力されるのです。価格設定や紹介文に頭を悩ませる必要がありませんし、どのように入力したらよいのかを学べます。

 そして、最も大事なのが「写真」です。ユーザーが最初に見るのは紹介文ではなく、写真ですから、撮影には手を抜かないこと。ただし、SNS映えとは違って加工したり、傷を隠した写真をアップするとクレームのもとになります。表紙の汚れや破れ、折れ目や書き込み部分はあえて写り込ませると親切です。

 撮影はなるべく自然光を取り入れ、背景を白壁にするなど生活感は出さない方が好印象。紹介文にはダメージについても丁寧に説明しましょう。「メルカリ」は、ほとんどの方がスマホから利用しているので、ダラダラとした文章にすると読みにくいですから、「10ページに折れ目あり」など箇条書きで簡潔にまとめるのがベストです。

 同じカテゴリーの商品を一緒のタイミングで出すのもコツ。ユーザーは出品物の他の投稿もチェックしているので、「まとめ買いするから値引きして」と交渉してくるケースがあります。これなら、発送の手間も一度で終わります。

ガンプラやフィギュアなら「ヤフオク!」で高値に

 実際、いくつか取引し、慣れてきたら自分で価格設定してみましょう。サイト内で過去の取引を検索できるので、自分が出品したい商品と同じ物で「SOLD」になっている取引記録を探します。それを加味して価格設定を考えると感覚が分かってきます。

 商品の投稿にはユーザーから「いいね!」が付けられる仕組みになっています。「いいね!」の数=ユーザーの興味になるので、3日経って全く「いいね!」が付いていなければ需要がないか、値段が高いかのいずれかです。値下げをするなら、このタイミングです。

 また、相場が分かりにくい商品を出すなら「ヤフオク!」のようなネットオークションがおすすめ。違いは購入価格の付き方。ネットフリマでは値下げ交渉が盛んで、出品時より価格は下がりやすいといえます。ネットオークションでは、入札が増えるほど出品価格は上がり、驚くほどの高値で売れることもあります。

 傾向として「ヤフオク!」のユーザーは長期にわたって変わらず、筋金入りの家電マニア、プラモデル好きなどが集まっています。マニアック商品は重宝されますから、ガンプラやフィギュア、鉄道模型、コレクターズアイテムを出品するなら、オークションを利用しましょう。

 型落ちや廃盤になったビデオデッキといった家電も「ヤフオク!」に出品した方がいいでしょう。このような商品には、現在は作っていなかったり、海外でしか購入できない部品が使われていることがあるので、狙っている人はいます。押し入れの奥でほこりをかぶっている商品がお宝に化けることは珍しくありませんから、この機会に探してみるのも面白いですよ。

▽川崎さちえ(かわさき・さちえ) All About「フリマアプリ・ネットオークション」ガイド。2003年に夫が育児のために退職したことを受け、家計を支えるためにネットオークションを始める。現在はネットフリマにも精通し、テレビの情報番組に多数出演。著書に「メルカリ+メルペイで月5万円無理なく稼ぐ本」(インプレス)ほか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る