【ほうれん草のめんたいクリーム和え】めんつゆが縁の下の力持ちに

公開日: 更新日:

杉大門通り 神棚(東京・四谷)丹生谷聡さん

「ウチでは菜の花で作ることが多いんですが、季節も終わりですからね。一年中買えるほうれん草で作りました。もちろん、おいしいですよ」

 こう話すのは料理人の丹生谷さん。

 ほうれん草と生クリームの組み合わせは、洋食でも割と見かける。明太子も加われば、まさに「めんたいクリームパスタ」さながらだ。

 しかし、和の職人が作る料理は一味違った。

「明太子と生クリーム。これを和で表現してみたんです」と言う丹生谷さんの言葉通り、これはまぎれもない和食だ。

 生クリームと明太子の相性は言うまでもないが、めんつゆの風味がうまく両者をつないで「洋」ではなく「和」にとどめている。

 生クリームのコクに溶け込んだダシが縁の下の力持ちとなっているのだ。

「読者の方も機会があれば、来年の菜の花の季節に作ってみてください。ほろ苦さが合いますから」(丹生谷さん)

《材料》
・ほうれん草 1束
・明太子 1腹
・生クリーム 70㏄
・めんつゆ 20㏄

《作り方》
(1)おひたしの要領でほうれん草を茹でて、適当なサイズに切る
(2)明太子の皮を取ってほぐし、生クリームとめんつゆで和える
(3)①に②をかけて完成

▽丹生谷聡(にゅうのや・さとし)
 1968年、所沢市出身。料理店などの修業を経て、30歳で四谷に初めての店をオープンすると、最盛期は居酒屋など6店舗を経営。現在はすべて畳んで、「神棚」に専念。「もともと懐石料理をやっていたので、その経験を生かしています」

▽かみだな
 今年1月にオープンしたばかりの純和食店。季節に応じた料理が名物で、基本コースは3000円から。プラス3000円で30種類の日本酒を含めた店内の酒飲み放題(2時間)。追加注文も可能。

東京都新宿区舟町3―4 金谷店舗ビル201
℡03・5315・0440
営業時間17時~20時
日曜定休

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

もっと見る