【イワシのかば焼きサラダ仕立て】万能タレの黄金比

公開日: 更新日:

器ながや(東京・六本木)

 酒の肴にも、ご飯のおかずにもなる。“万能ツマミ”は、調理も楽だからうれしい。

「観音開きにしたイワシに塩コショウを振り、小麦粉をつけてフライパンで焼いたら、万能タレと合わせるだけです」

 魚をさばける人は自分で手開きにする。できなければ、スーパーなどで観音開きにされたイワシを買ってくればいい。それを用意してムニエル風に焼けば、ほぼ出来上がりだ。

 北田さんはサニーレタスに添えて彩りよくサラダ風に仕上げているが、切らずにそのまま食べてもいいという。

「分量通りにタレを多めに作っておくと、冷蔵庫で保存が利くので、重宝します。このタレは、イワシのほか、サバやアジなど魚の種類を問いません。ご飯にのせれば、最高の丼になります」

 北田さんの知人がタレを教わり、息子に丼として食べさせたら、その後はこのタレ以外で食べなくなったそうだ。家族みんなの胃袋をガッチリつかむ一品。

 万能タレの黄金比はしっかり覚えておこう。

《材料》
・イワシ  2匹
・塩  少々
・コショウ  少々
・小麦粉  適量
・油  適量
・サニーレタス  適量

タレ
・醤油  大さじ3
・みりん  大さじ1・5
・酒  大さじ1・5
・砂糖  大さじ2・5

《作り方》
(1)タレを合わせておく
(2)イワシを観音開きにする
(3)②に塩とコショウを振り、小麦粉をつける
(4)熱したフライパンに油を引いて、③を中火で皮面から焼く。皮に焼き色がついたら、裏返して両面焼く
(5)④に合わせておいたタレを回しかけ、イワシに絡める。余ったタレは、冷蔵庫で保存
(6)一口大に切って、サニーレタスにのせれば出来上がり

▽北田昌利(きただ・まさとし)
 1961年、和歌山県出身。元シンガポール日本大使館公邸料理人。2000年に独立し、器ながやをオープン。地元の食材の販路拡大にも奔走する。

▽器ながや
 六本木・東京ミッドタウンの裏にたたずむ日本料理店。“奥座敷”で本格的な和食が楽しめるとあって、常連客はネットにのせずお忍びで訪れる。夜はコースのみで8000円~。

東京都港区赤坂9―1―7 赤坂レジデンシャルホテル1F 
℡03・3408・8877
土日祝休み
コロナ禍の今は、予約営業のみ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  2. 2

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  3. 3

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  7. 7

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  8. 8

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  9. 9

    グローバルダイニングが黒字転換 都に反発し店は大盛況

  10. 10

    今期ドラマは豊作と話題 TBSがやっぱりダントツに面白い

もっと見る