【ひじきと豆腐の山椒炒め】スパイシーさが後を引く

公開日: 更新日:

手打ち蕎麦と和食 楽(東京・代々木上原)

 店主の長濱大さんは、関西の蕎麦の名店「土山人」出身。

「お蕎麦の道に入ったのは、本当に偶然です」

 もともとモノづくりが好き。19歳の時、アルバイト先の飲食店の先輩の紹介で、「土山人」に入店。それまで蕎麦を食べる機会はほとんどなく、また蕎麦打ち自体も「土山人」で初めて見た。蕎麦粉から自分で作れるところが面白いと思い、「蕎麦道」へハマっていった。

「ただ、蕎麦屋といっても、僕が考えているのは、大人の居酒屋。『楽』では、蕎麦屋ではあまりないおつまみ、そして和食屋ではない蕎麦を使ったお料理を出していきたい」

 今回の一品は、山椒を使うことでスパイシーな味わいに。日本酒はもちろん、焼酎やビールも合う。

《材料》 
・乾燥ひじき
・豚ひき肉
・ニンジンの千切り
・木綿豆腐
・薄口醤油
・みりん
・山椒
・ごま油
・ダシ(または水)
※ひじき、豚肉、ニンジン、豆腐はお好みの分量で

《作り方》 
(1)豚ひき肉をごま油で炒め、白く色が変わったら、ダシまたは水を入れる。ダシの量は、目安として100㏄ほど
(2)そこに乾燥ひじき(水で戻さなくてOK)を入れ、少し炒める。ひき肉がそぼろ状になったらニンジン、豆腐を入れて炒める。豆腐は炒めながら崩す。ただし、崩しすぎないこと
(3)水分がなくなったら、薄口醤油とみりんを同量入れ、さらに炒めて水分を飛ばす。手に入れば、生の実山椒を飾る

長濱大(ながはま・ひろし)
 兵庫県生まれ。アルバイト先の先輩の紹介で19歳の時「石臼挽き手打蕎麦専門店 土山人」へ就職。蕎麦とつまみに力を入れる系列店「馳走侘助」で7年間働いた後、「東京 土山人」の出店に伴い2007年上京。以来、19年までの12年間、店長を務めた。

▽手打ち蕎麦と和食 楽
 20年5月オープン。大きな花瓶(元は鹿児島県の焼酎の壺)に生けられた季節の花が出迎えてくれる。人気は「冷やかけすだちそば」。季節ごとに変わるつまみも充実。これからは桜エビのかき揚げ、とり天、自家製さつま揚げなどが登場。おすすめのつまみをいろいろ食べて蕎麦で締めたい人には全6品のおまかせコース4400円が大変お得。日本酒、焼酎、ワインとそろっており、お願いすれば料理に合ったお酒を選んでくれる。スタッフの接客も素晴らしい。完全個室あり。

東京都渋谷区西原3―2―4 フロンティア代々木上原3階
℡070・7781・8950
月曜休。緊急事態宣言に伴い現在休業。解除後の営業時間は電話で確認を

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る