【豚と野菜のオイスターソースまぜ】豚も茹でると早い

公開日: 更新日:

樽一(東京・歌舞伎町)

 豚を茹でているので、あっさりとしているが、ニラとオイスターソースのうま味をほんのりと感じる。

「豚バラではなく豚ロースのスライスでも大丈夫です。10分くらいで出来上がりますよ」と佐藤慎太郎さん。お店の料理長もニラ好きだそうで「塩をかけたニラをアルミホイルで包んで蒸し焼きするだけでも十分おいしいです」とのこと。

 一見、中華風だが、意外と日本酒が合う。合わせたのは樽一専用の浦霞。原酒なので濃厚。開業以来、常温ではなく冷やして提供しており、「日本初の冷酒とも言われています」(佐藤さん)。

 鯨やホヤ、牡蠣(かき)にも合う万能の日本酒だそうだ。

《材料》(2人前)
・豚バラ肉 60グラム
・ピーマン 1個
・長ネギ 4分の1
・ニラ 4分の1束
・オイスターソース 大さじ1
・ゴマ油 大さじ2
・水 大さじ1

《作り方》
(1)豚バラ肉を2センチほどに切って茹でる。火が通ったら、取り出す
(2)ピーマンと長ネギを千切り、ニラを小口切りにする
(3)オイスターソース、ゴマ油、水を入れて混ぜる
(4)③をフライパンに入れて、弱火で火を入れる
(5)ボウルに①と④を入れ、混ぜたら出来上がり

▽佐藤慎太郎(さとう・しんたろう)
 1971年、東京都生まれ。大学卒業後、父が経営する樽一へ入社。樽一の2代目として30年以上ホール業務を担当。創業者である父の佐藤孝氏は宮城県東松島市出身。幼少期には捕鯨船の船長に憧れる。大学卒業後、日本鯨類研究所に勤務。その後、転職を重ね、68年、高田馬場に7坪の樽一を開店。現在創業53年を迎え、先代の掲げた「鯨の食文化を次の世代へ」との志を伝えるべく現在に至る。

▽樽一(たるいち)
 鯨料理と三陸料理、宮城の「浦霞」が名物。「浦霞」に惚れ込んだ先代が蔵元に直談判して創業。先代の口癖は「浦霞あっての樽一」。その言葉の通り、樽一限定の浦霞が多数並んでいる。自家製ベーコン、竜田揚げ、ハリハリ鍋が人気。昨年、大塚三浦屋と経営合併し専門店の本格的なウナギやスッポンも提供している。コロナ禍でなかなか足を運べない方のために通販サイトで自慢の鯨メニューはもちろん、自宅で楽しめる豊富なおつまみセットも取り揃えている。

東京都新宿区歌舞伎町1―2―9 地下1階
℡03・3208・9772
11時から22時(21時30分ラストオーダー)。
年末年始を除き無休。
(緊急事態宣言中は11時から16時30分まで)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  2. 2

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  3. 3

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  4. 4

    「安心安全とは?」の本紙質問に橋本組織委会長の“迷回答”

  5. 5

    中村アンvs石原さとみ 話題の“ショートカット対決”の行方

  6. 6

    「恋ぷに」大苦戦の石原さとみが日テレに抱いた深い不信感

  7. 7

    小池女帝「都議選惨敗データ」に真っ青…都ファ30減の衝撃

  8. 8

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  9. 9

    「コロナは風邪」で入院 旧N国党首は自分の常識を疑え

  10. 10

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

もっと見る